So-net無料ブログ作成
検索選択

BRM601 中部600 その2 [自転車]

真っ暗中、親不知のトンネルを上り返して戻っていく。波の音は聞こえるが海は見えない。時折通るトラックの爆音と路面のガタガタにうんざりしたころ県道に入ってホッとする。

車が少なくなって安心したのか眠くなってきた。入善の町で駅のベンチにでも寝ようかと駅に向かったつもりだが、見当たらない。

工事用の点滅ライトが前を走るライダーに見える。オーバーナイトなブルベでいつも見る幻覚の始まりである。

 

ルートに戻って見つけたバス停で仮眠する。あんまり綺麗じゃないが屋根があるだけましと横になったらすぐに記憶が無くなった。

IMGA0016.JPG

1時間の目覚ましで少しさっぱりしてまた走り出した。

真夜中の田舎道、たまに通る車はスピードを上げて走り去っていく。明るいテールライトと反射材で目立つことが一番の安全か?

 

富山の街まで戻ったところで2度目の仮眠。車が少なくて、ベンチのありそうなと富山城の公園に寄り道し、トイレ前のベンチで横になる。明るくなった公園は散歩する人が増えてくる。

1時間があっという間に過ぎて携帯の目覚ましに起された。

IMGA0017.JPG

IMGA0018.JPG

神通川の橋を渡り庄川のPCを目指す。

PC前に腹が減ってきた。コンビニでの朝飯。食いたいものを食べるのが一番だと朝からスパゲティーとスープ。この時間になっても食欲があるのはいいことだ、

IMGA0019.JPG

 

7時46分  PC5到着   425キロ

 

この先、ひるがの峠までの100キロの上り。ボトルを満たして走り出す。

庄川のダム湖沿いの道を少しずつ高度を上げていく。往路はにしやんと快適に下った道も疲れてからの一人の上りは堪える。

テレビで見たことのある秘境といわれる大牧温泉への遊覧船乗り場。船でしか行けない温泉らしい。

IMGA0020.JPG

写真だけ撮ってまた走り出す。

 

トンネルと洞門の繰り返し。同じような風景の上りに眠くなる。

白川村の手前で堪らず道端で横になった。すぐに記憶がなくなった。

ほんの少しだと思ったが、30分。眠気は覚めたが、先が思いやられる。

 

白川村まで戻ったところで雪を残した白山が望めた。

IMGA0021.JPG

白川村の合掌集落は昨日と同じ多くの観光客。外人さんの団体に「がんばれ~」とありがたい応援をいただいた。

御母衣ダムの手前で綺麗な渓流に一息。「シッタカ橋」って書いてあったけど、シッタカって地名なのだろうか。

IMGA0022.JPG

御母衣ダムへの上りが脚にくる。400キロを越えての上りの連続は全く走れない。せっかくなので写真を1枚撮って先に向かう。

IMGA0023.JPG

ダム湖沿いの荘川桜。往路は快調に走ってたので寄らなかった。

写真を撮りながらほんの少しの休憩だ。

IMGA0024.JPG

ダム湖沿いのアップダウンの先は峠までの最後の上り。PC5では少し時間に余裕があったのに上りの連続で全く余裕が無くなった。

汗をかきながらの辿り着いたひるがの峠。ソフトクリームが食べたかったが時間を気にしてPCに向かう。

IMGA0025.JPG

 

14時38分  PC6 到着  524キロ

 

制限20分前の到着。補給を終えて走り出したときには貯金0だ。

ここからは下り90キロ。残り6時間なら何とかなると走り出した。

IMGA0033.JPG

快適な下りを30分ほど走った白鳥で眠くなった。フッとすることが出始めると危険なのは今までの経験で判ってきた。直ぐに道端にあったポケットパークのベンチで15分の仮眠。携帯の目覚ましを掛けて、記憶が無くなる。

 

ハッと気がついて起きた。

今何処なのか、今何時なのか、直ぐには頭が廻らない。

時計を見て「これで終わったな」と思う。 1時間も寝たらしい。

 

 

しばらく座り込んで冷静に状況を把握する。

 

ここは白鳥。PC6から10キロほど走ったはず。 後80キロ強。残り時間は4時間半。

下り基調で何とかなりそうだが、夕方のラッショと、美濃以降の信号を考えると、余裕は全く無い。

それに雲行きが怪しいのが気に掛かる。

 

 

美濃までの長良川沿いで時間を稼ごうと必死の思いでスピードを上げる。 

郡上八幡を過ぎたところで路面が濡れてきた。少し雨も当たってきたので荷物だけ雨装備して先を急ぐ。

汗をかきながらの下りをペダルを踏み続けた。 

 

必死で走るので写真なんて撮る暇ない。この先全く撮れなかった。

 

往路のPC1向かいのコンビニまでの50キロを2時間で走って残り32キロ。2時間半あるので何とかなると少し安心する。 

暗くなってきたので夜の装備を急ぐ。

晩飯を食ってる時間は無いので「即効元気」とコーラでの補給で走り出す。

 

少し走ったところで雨が降り出した。この位ならとカッパを出さずに走り続ける。

東海環状の高架を過ぎた辺りで土砂降りになってきた。堪らずその先の歩道橋下で完全雨装備。

時間が無いので走り出したが、車が多い。

 

土砂降りの雨の中、関の街を過ぎた辺りで路面の水溜りを避けて端に寄ったところで痛恨のパンク。

 

「あ~これで終わったな」と思う。 

今回の600、「終わったな」と思うこともこれで3回目だ。

 

 

とにかくパンクは直さないと帰れない。歩きながら修理のできそうな軒下を探す。

少し歩いたところで、マンションの駐輪場を見つけた。屋根の下でパンクの修理。タイヤに刺さった金属片を見つけて安心する。チューブを替えてタイヤをはめる。パナのタイヤは硬くてはめ難い。

チューブを噛んで3度も入れ直し。

途中で携帯が鳴った。家からである。 「いまどこ?9時って言ってたけど、いつ帰って来るの?」

焦ってる最中の電話だが、こちらは「お遊び中」の身。 ここで怒ったらまずいと思い直して事情を説明。とにかくゴールしたらゆっくり説明するからと電話を切った。

 

何とか直してコースに復帰する。 20分のロス。

残り23キロで1時間20分。頑張れば何とかなる。

 

直ぐ先の曲がり角の間違えてミスコース。気づいて戻るのに汗をかく。

雨は上がったがカッパを脱ぐ時間が勿体ないと走り続けた。 

信号の多さに気持ちが焦る。

 

乾いた路面にカッパの走行はやっぱり暑くなってきた。堪らず信号ストップの間にカッパを脱ぐ。畳んでる余裕は無いのでバックに括り付けて先を急ぐ。

 

木曽川手前で見覚えのある観覧車が見えてホッとする。

 

一宮タワーの手前で何とかなるとカメラを出して撮った1枚はピンボケで何を撮ったかわからない。

IMGA0034.JPG

 

公園に入るところでスタッフのお出迎え。サイクリングロードへに判りにくい所で助かった。

先導されてのサイクリングロード、もっと速く走ってほしいと思いながらの走行だ。

 

 

20時46分  ゴール到着   613キロ      所要時間 39時間46分

 

 

ゴールではスタッフが「あれ~違う人連れて来たの~」と話していた。

お出迎えは別のライダーのSOSでスタンバイしてたらしいと聞いて笑えてきた。 

 

IMGA0036.JPG

 

 

何度も諦めかけた今回の600も何とか時間内にゴールできた。これも今までの経験があったからこそと思うと感慨深い。

バイクを片付け、コンビニで休憩しながらの帰路。「家までがブルベ」って言葉が身にしみる。

 

 

さて、次はどうしよう。

 


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 5

ちその

読んでてハラハラしました。
こんなトラブルにもかかわらず、
完走なんて凄すぎます。ひえ~。
もうこりゃ鉄人組のおひとだ、間違いなく。
なんか次元が違います!

by ちその (2013-06-13 20:21) 

dai-chan

ハラハラはブロガーとしては合格でも、ランドヌールとしては辛いですね。
まあ完走できりゃ結果オーライなのかな。


来年は「TEAM 4040」でFresh参加なんてどうです?


by dai-chan (2013-06-13 23:13) 

ちその

フレッシュっておもしろそう。
足をひっぱるけど、やってみたいです。
by ちその (2013-06-14 19:58) 

山

更新してたのね。しかも6月じゃん。しらなんだ、めんご。
さて、今回は、ドラマチックで、最後まですらっと読んでしまいました。
お疲れ様。

by 山 (2013-09-16 20:13) 

dai-chan

>山ちゃん

ご無沙汰です。
最近ブログの更新もサボり気味、いやサボりっぱなしなんで気づかなくて当然でしょ(笑)

足助企画も参加したかったけど天気が??でドタ参出来ずでした。
またよろしく~
by dai-chan (2013-09-18 20:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。