So-net無料ブログ作成
検索選択

BRM430中部300 [自転車]

 

震災で延期になった中部300。 300は2月に名古屋ですでに走っているので出走を迷う。

先週一緒だった「にしやん」が今回がデビュー戦なので晴れるという天気予報を信じて出走を決めた。

 

 

中部のスタートはいつもの一宮の光明寺公園。 7時前に着いてバイクの準備をする。1月の200の時はまだ暗らかったがさすがにこの時期は明るく暖かい。

車検を済ませてスタート待ち。少し走り慣れたのか緊張感は無い。

 

IMGA0001.JPG

この中部はスタートが時間通りの一斉スタートだ。走り始めはいつもの公園内のサイクリングロード。幅が狭い上、朝の散歩やジョギングをする人に気を使う。

堤防道路に出た所でスタートのときに見失ったにしやんに追いついた。付いて来るかと声を掛けながらパスしていったが追ってこなかった。先を考えてかスピードを抑えて走っているようだ。

IMGA0002.JPG

 

木曽川の堤防道路を遡ると遠くに犬山城が見えてくる。

IMGA0003.JPG

犬山市街を抜け東に向かうようになると坂が始まる。今回のコース「丘を越えていこう」となっているが小さな峠が10以上あるアップダウンの連続だ。超えていく峠を帰りは反対から上ることになると思うと複雑だ。

 

岐阜県境の峠道は速度抑制のゼブラ舗装が続き走りにくい。自転車でも走りやすいように路肩をもう少し広く取った道路があればいいのにと思う。

 

IMGA0004.JPG

IMGA0005.JPG

 

10時22分   PC1到着   51キロ

ここまでは快調。トイレ渋滞なので補給だけして出発しようとしたところで、動画を撮影しながら入ってくるにしやんに会う。結構余裕のようだ。

待って一緒に走ろうかとも思ったが、走り始めればペースが違うためどうせバラバラだと思って次に向かうことにした。

IMGA0006.JPG

 

今回のコースは美濃の里山をぐる~と回るようなコース。特にいい景色もなさそうなので少し残念だ。

 

八百津では木曽川の橋にこんなオブジェが載っていた。

IMGA0007.JPG

IMGA0008.JPG

 

美濃加茂から関に向かう峠道。スタートから気になっていた雨がとうとう降り出した。 

トップを越えて下りのヘアピンを抜けた先の岩肌にこんな神社があった。車を止めるところも無い薄暗いところに現れる光景はなんとなく不気味である。

IMGA0009.JPG

乳岩神社で写真だけ撮って先を急ぐが雨が止みそうに無い。丁度昼となるので、昼飯を食べながら雨宿りと思って少し先の道の駅へ寄り道することにする。

IMGA0010.JPG

大盛りのそばで腹を満たし休憩するが雨がなかなか止まない。蕎麦屋が混んできたため、横にあった無料の足湯でリフレッシュだ。

なかなか止まない雨に時間が気になりだしたところで少し雨脚が弱くなった。結局1時間以上のロスタイム。先が心配になる。

IMGA0011.JPG

 

美濃を抜け、武儀川を遡るコースとなる。美山大橋で右岸に渡り県道を少し走るとこんな建物?住宅なんでしょうか?

IMGA0012.JPG

 

 

14時44分  PC2到着   118キロ

昼の休憩が長かったので誰もいないだろうと思っていたが、まだ補給中のライダーがいて少しほっとする。

補給中に早くもトップの三船さんが折り返して入ってきた。折り返しPCまであと35キロ。ここですでに70キロの差がある。 どんだけ速いんだとビックリする。

速い人は補給も速い。三船さんも水を詰め替え補給のケーキを口にくわえたまま走り出していった。凄いとは思うがとてもマネはしたくないです。

IMGA0013.JPG

 

昼から降ったり止んだりを繰り返す小雨が、揖斐川町の手前の金坂峠で土砂降りとなった。雨宿りする建物も無いので木の下逃げ込んだが、ウィンドブレーカーを着る前に全身ずぶ濡れである。

後続のライダーも諦めたのかずぶ濡れで上ってきた。声を交わしながら、先をどうするか悩む。

少し小降りになったところで下り出す。濡れたシューズは気持ちが悪い。今更カバーをしても一緒だとそのまま走っていく。

IMGA0014.JPG

 

谷汲山華厳寺の山門。以前来た時この参道は紅葉がきれいだった。桜並木のようなので春なら桜も綺麗なことだろう。次は桜の季節に訪れてみたいと思いながら雨の中一人で脚を回す。 

IMGA0015.JPG

 

揖斐川町への農免の長いトンネルを抜け、折り返しに向かう。すれ違うライダーに挨拶しながら厚い雲にうんざりする。

IMGA0016.JPG

折り返しPCの少し手前でにしやんとすれ違う。「行けるとこまで走る」といって走り出していった。思ったとおりあのおっさんには「折れる心」も無いようだ。 ウラヤマシイ。

 

 

16時49分  PC3到着  155キロ

補給中にも雨が降り続く。

ここで止めたらスタートまで30キロぐらいだろうか?  道はナビで検索すれば何とかなるだろう。

そんなことを考えながらカップラーメンを補給する。

補給しながら雨雲をチェックする。このまま降り続くわけではなさそうだ。悩んでいるうちに小降りになってきたので服を着替えて走り出すことにした。 結局、30分以上も無駄にしてしまった。

IMGA0017.JPG

 

暗くなった道を戻っていく。真っ暗な峠を一人で越えるのも慣れては来たが、好きにはなれない。

同じような標高の峠の連続で来るとき通った道なのに どんなところだったか先が思い出せない。

 

19時16分  PC4到着   190キロ

暗い中一人駐車場で補給していると、車の人に声を掛けられた。コースを説明したがよく理解できなかったようだ。「自転車で?何言っとんの?」てな感じで気がおかしいのかとでも思われたみたいだった。数年前の自分でもそう思うことだろうと思うと笑えてくる。

IMGA0018.JPG

 

PC4からPC5は70キロ弱有る。どこかのコンビニで補給をと思っていたところで信号の前のコンビニに反射ベストの 4人を見つけた。吸い込まれるように入っていく。

パンクの修理中だった。暗い中のパンクは大変だが、コンビニでパンクとは運がいいと思う。「お先に」といいながら走り出す。

美濃の先、見坂峠で二人に追いついた。暗い峠は一人で走りたくない。一緒に越えようと思ったが、どうしてもスピードが合わない。声を掛けて前に出た。

 

昼飯を食った道の駅への分岐を過ぎたところで後輪がパンクした。真っ暗な中では大変なので少し戻って水銀灯の下で直すことにする。

チューブに穴はあるが、タイヤに異物が見つからない。ヘッドライトで丁寧に探しても解らない。空気を入れてまたパンクも馬鹿らしいと思って何度も探したが何も無い。結局30分も掛けてしまった。

修理中に先ほど抜いてきたライダーが声を掛けて走り去っていく。 時間も気になりだした。

 

真っ暗な道を一人で走っているといろんな音が聞こえる。車では絶対に感じることの出来ない「贅沢」だろう。

 

川辺町の商店街。明かりのある道はホッとする。

この先の飛騨川に掛かる山川橋は両側に設置されたキャットアイが綺麗だった。

IMGA0019.JPG

 

 

23時37分  PC5到着  255キロ

もう誰もいないと思っていたが、7、8名のライダーがスタッフと話しながら補給中だ。あと50キロで4時間。時間は何とかなるが雨がまた降り出した。

ここで止めてもスタートまで行かないと車がない。

 

ブルベの完走率は結構高いと聞いた。出走者には折れる心も無いのだろうか?それともそういう人は走らないのか?

ほとんどのコースが、夜中に輪行も出来ない。マシントラブルでもない限り結局時間切れでも走って帰るしかないのだろう。

 

そんなことを思いながら補給を済ませ、覚悟を決めて走り出していく。

この先も峠の連続で脚が回らない。車も来ないので道幅いっぱいに蛇行しながら何とか上っていく。

 

犬山カンツリーの横を抜けるともう坂は無い。市街地の明かりにホッとするが、今度は車が気になる。

犬山から公園まではすぐだと思っていたが距離があった。

やっと着いた公園のサイクリングロードで道に迷った。来るときは前の人に付いて来るだけだったので道を覚えてない。真っ暗な公園内を彷徨ってグランドの裏でとうとう砂利道となった。仕方なく戻るが入り口がわからない。

暫く迷って、木の下の乾いた路面にタイヤの跡を発見したときはホッとした。

 

 

 

26時59分  ゴール到着  308キロ

何とか帰ってくることが出来た。レシートをチェックし、サインをして終わりです。

遅くまで帰ってくるライダーを待つスタッフにはほんとに頭が下がる。ありがとうございました。

 

 

駐車場ではすでににしやんが仮眠中だった。 起すのも悪いので そのまま片付けて仮眠する。

 

IMGA0022.JPG

 

 

うちに帰って着ていた物を量ってみた。汗を含めて3キロ以上。

IMGA0020.JPG

洗濯が終わったら同じものを量ってみようと思っていたらすでに片付けられた(笑)

 

 

さて、次は600? どうしよう?

 

 


nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 12

ホワイトペガサス@4040

お疲れ様でした!
お天気が悪い中よく走りましたね(^_^)/

「真っ暗な道を一人で走っているといろんな音が聞こえる。
 車では絶対に感じることの出来ない「贅沢」だろう。」

って、いいですね。きっとほんと走った人しか味わえない
贅沢でしょうね。

いつか行ってみたいブルベです。


by ホワイトペガサス@4040 (2011-05-03 12:33) 

脂身

なんだかんだで完走してんじゃん。
おめでとさん。
オジイにしやんもついにデビューしちゃったね。
だいちゃんといいコンビだで、二人でスーパーランドナーだね。
で、600はいつなの?
by 脂身 (2011-05-03 21:16) 

にしやん

昨日の反省会も含めお疲れさんでした。
今日ちょっと乗ったけど、やっぱ首が痛いわ。
いろいろ対策かんがえないとね~。
by にしやん (2011-05-04 16:31) 

らく

お疲れ様でした。

雨中のライドは疲労度がちがうはずやけど・・
普通に完走、ということは
脳中枢がブルベ仕様に進化してるんでしょうねぇ~

にしやん共々、おじんパワーに感服しますわ。(^_^;)

by らく (2011-05-05 11:38) 

dai-chan

>ホワイトペガサス@4040 さん

夜の峠は良いですよ~(笑)
是非走ってみてください。きっと「贅沢」の意味が判ると思いますよ~


by dai-chan (2011-05-05 19:02) 

dai-chan

>脂身さん

にしやんも引きずり込んだし、次は・・・フフフ。
小径で200越出来たら充分OK。
中部はその日でも参加できますよ。

600の日程メールしとくでね~。


by dai-chan (2011-05-05 19:07) 

dai-chan

>にしやん

今回は天気予報に完全に騙されたよ~。
気温が冬ほど下がらないのが唯一の助けだったけどね。

首が痛いのは辛いよね。ヘルメットを軽くするか、姿勢を起すぐらいかな。
ジムで首を鍛えるってのは~(笑)

by dai-chan (2011-05-05 19:15) 

dai-chan

>らくさん

ホントは雨の中なんて走りたくありません。
でも、止めても結局スタートまで行かなきゃ帰れない。
そんなんで戻ってくるだけですよ。回収なんてないし・・・

らくさんもどう?

by dai-chan (2011-05-05 19:20) 

Nori

雨中の300キロお疲れ様でした。
先日、天気の良い日に200キロほど走りましたがヘロヘロでした
ブルぺライダーにはなれそうにありませんし、
暗い峠道はとんでもないです。

平田へも行きたかったんですが、都合つかずにすいませんでした。
また宜しくお願いします。

by Nori (2011-05-05 21:08) 

boss

しっかり写真撮られていますね。

今回スマートフォンだけ持っていったのであまり写真が撮れませんでした。ブロガーとしては失格です(^^;)

次の600中部にしませんか?!
by boss (2011-05-06 06:16) 

dai-chan

>Noriさん

暗い峠道もなかなか乙なもんですよ。

また反省会のんびりやりましょう。

by dai-chan (2011-05-08 21:56) 

dai-chan

>bossさん

覚えが悪くなってきましたので、写真で記録って感じです。
雨と夜は写真が撮れないので、記憶が飛んじゃいます~(笑)

600は天気次第。とりあえず、名古屋からかな。
ご一緒のときはよろしくです。


by dai-chan (2011-05-08 22:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。